BIOGRAPHY

外山明 (そとやま あきら)

斬新なドラムセンスとテクニックで独特の磁場を創り出し、ジャンルを問わず幅広く活動するドラマー、パーカッショニスト。​​

宮崎から上京後、24歳の時『坂田明DADADAオーケストラ』『日野皓正・HAVATAMPA』に参加。

この頃から様々なセッション活動を行い、その後『渡辺貞夫グループ』 『松岡直也スーパー5』『Tipographica』などで活躍。キューバ、インド、西アフリカ などの多くの国を旅し、音色とリズムの幅を広げる。

単身ギニアに渡り、ギニア国立舞踊団のバラフォニスト(故 Mohamed Gnana Sylla)の手ほどきを受け、一家と深く交流がある。

ひそかに曲を書きためているのはここだけの話。(アッ 言っちゃった)

現在は、外山・大儀見DUO / Quivarac / Time Flows(市野元彦) / 栗田妙子・外山明Duo / 藤原大輔トリオ / 板橋文夫オーケストラ / Phonolite Trio / しぶやさんといっしょ / 渋谷毅オーケストラ / TOTONOTTA / 松風鉱一カルテット / MULLHOUSE / BOZO / 今村祐司グループ、他で活動中。

sotoyamawebsitetop.jpg
​©HASEGAWA KENTARO